うつ病の病院は?

さて、では実際にうつ病になってしまったと疑われる場合には、どのような病院に掛かるのが良いのでしょうか?
主にうつ病に対して効果を発揮するのは、「精神科」や「心療内科」と呼ばれる診療科を持っている病院です。
病院は基本的にはどのような診療科の病気でも見る事ができるのですが、他の診療科と比べても特殊な病態を持っていることが多いためしっかり選んでかかることが重要になります。
ただし、こういった病院に掛かる場合には、一つネックとなる部分も存在しています。

通常、心療内科や精神科の医師というのは、強く原因を訴求するようなことをしてきません。
基本的にこちらが話すのを受けてどう判断するのか、ということを行動理念としています。
強く行動することによって、むしろ患者のがわが萎縮してしまったり、精神的に悪い影響が出てしまう可能性があるためです。
そのため、うつ病であることが疑わしい、というタイミングでかかっても、うつ病であるかどうかを判断出来ない可能性があります。

うつ病の治療は、医師から患者に一方的に行えるものではありません。
ある程度患者側から協力をする、ということも治療において重要なポイントとなります。
例えば普段の生活において気になることがあれば記録をとっておく、というだけでも治療の糸口になる場合があります。
うつ病の症状には波があり、ちょうど診療の際に気分が沈んでいると適切に話を出来ない可能性があります。

そういった時のために、見せるだけである程度こちらのことを理解してもらえるメモを作っておくことは重要になるでしょう。

医療機関の探し方

では、精神科や心療内科などを探すのにはどのような方法があるでしょうか?
病院の一覧というのは診療科や地域ごとにまとめられていますので、お住まいの地域から通うことが出来る病院を探す事自体はそう難しいことではありません。
条件なども見つつ探していけば良いでしょう。

では、病院の選び方についてはどうでしょうか?見ておくべきなのが診療科が「心療内科」なのか「精神科」なのか、ということです。
心療内科は、心理的な要因から身体に影響が発生している場合を専門としている診療科となります。
例えばうつ病によって栄養失調となっていたり、不眠症が発生している場合などは心療内科が適切です。

うつ病自体の症状がわかっている場合には、精神科の診療が適切です。
精神科は精神自体の病気に対する対応を行う診療科であり、うつ病の治療を進めることが出来ます。

勘違いしやすいのが「神経内科」です。
神経内科というのは神経系の病気を診療するもので、精神の病気に対応しているものではありません。
一部例外として認知症などは神経内科で診療されることがありますが、うつ病の場合にはあまり適切ではない選択となります。