うつ病で使われる薬

では、実際にうつ病を治療する場合にはどのような薬を利用することになるのでしょうか?
まず、うつ病の原因となる脳内物質の発生を抑えることで効果を発揮する、抗うつ薬というものがあります。
基本的にうつ病というのは、正常であればセロトニントランスポーターによって行われている脳内の情報伝達が、正しく行われなくなります。
この原因自体を排除する、というのがこのタイプの抗うつ薬の特徴です。

具体的にはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)などが代表的です。
SSRIは1999年から、SNRIは2000年から利用出来るようになった新薬であり、最近ではこの種類を利用されることが多くなっています。

この他には、抗不安薬というものがあります。
これは精神安定剤と呼ばれる事もあった薬の種類となります。
日本ではベンゾジアゼピン系の抗不安薬と、セロトニン1A部分作動薬という二種類が認可されており利用できます。
この薬は人間の感情などに大きな影響を及ぼす大脳辺緑系に対して効果を発揮し、不安や緊張を解消することが出来ます。

抗うつ薬よりも効果を早く発揮することが出来るため、初期治療などで使われることが多い薬品です。
不眠症状の改善にも効果を発揮します。

服用の注意点

では、これらのうつ病に関する薬の服用に関する注意点についても紹介します。
うつ病に対して効果があるとはいえ、やはり効果には個人差があるというのが実状です。
そのため、自分には効果がないと判断して勝手にやめてしまう、というようなケースが少なくありません。
それでも勝手に量を減らしたり増やしたりすることなく、医師の指示通りに飲むようにしましょう。

抗うつ薬は特に飲み始めてすぐ効果が出るものではないため、少なくとも2週間程度の期間飲み続ける必要があります。