gennin

何故うつ病になるのか

心理的な病気であるうつ病、何故そのような病気になってしまうのでしょうか?誰もが何かしらのストレスを抱えているこの社会のなかで、特にうつ病に掛かってしまう原因がどのようなところにあるのかを知っておきましょう。
うつ病の発生は、人それぞれ持っている精神的受容性に大きく左右されることになります。
ストレスに強い人もいれば、そうではない人もいる、という当たり前の違いです。
ストレスに強くない人は、日々のストレスの積み重ねによってうつ病になってしまう可能性も十分あります。

この先では特に詳しく「学校での悩み」「仕事での悩み」「家庭での悩み」などのうつ病の原因について紹介していきます。
それぞれ人によっては大したことがないことでも、人によっては大きな打撃を受ける出来事です。
他人の受容性に対して理解が及ばない、ということは人間誰しもありますが、その多様性を認めることが重要です。
自分は絶対にうつ病にならない、と思っているような人こそ、うつ病になる可能性を秘めています。

性別による発生原因

男性と女性とでは、うつ病になってしまう原因に違いがあると言われます。
勿論これも個人差があることではありますが、発生しやすい原因について紹介していきます。

まず男性の場合、仕事による疲労や異動などによる環境の変化がストレスとなり、うつ病のトリガーとなることが多いようです。
それ以外でも、仕事上でのミスなどから精神的にダメージを受けてうつ病に発展する可能性もあります。
さらに、経済的な問題が鬱に繋がってしまうことも少なくありません。

女性の場合にも、上記の条件からうつ病に掛かる可能性があります。
さらに女性の場合には、ホルモンバランスが崩れる、という身体的な原因がうつ病に繋がる可能性が考えられます。
例えばホルモンバランスが崩れやすいのが、妊娠時や更年期などです。
ホルモンバランスが崩壊すると、自分の意思とは関係なく体調が崩れたり、心理的に不安定になることがあります。

さらに、個人の違いというのがうつ病の発生トリガーをわかりにくくしています。
誰しも、ダメージを受ける事象というものを持っています。
自分がどのようなことでダメージを受けるのか、ということを知っておくだけでも、うつ病の予防として効果を発揮してくれることでしょう。
そして、もし自分がそうなっていると考えたならば、早い段階で誰かに打ち明けることが重要です。

>>うつ病になりやすい人
どんな人がなりやすいか

>>学校での悩み
学校が原因になる場合

>>仕事での悩み
仕事が原因になる場合

>>家庭での悩み
家庭が原因になる場合