うつ病と睡眠

うつ病と睡眠は、実は深い関係があります。
というのも、うつ病の症状の一つとしてよく不眠が発生するためです。
初期から発生し易い症状で、眠ろうとするとネガティブなことに考えが至ってしまうために寝付けなくなる、ということが考えられます。
さらに、睡眠障害に発展することも多く、寝付いてもすぐに目が覚めてしまうこともあります。

うつ病と不眠症は一方通行の関係性ではありません。
うつ病になると不眠症が発生しやすくなる、というだけではなく、不眠症が続くとうつ病になりやすくなる、ということもありえます。
不眠症状が続いている場合には、早い段階で病院に行くなどして対処を行い、うつ病への道筋を付けてしまわないようにする必要があります。

この睡眠障害の症状としては、さらに時間としてはいつもどおり眠っているのに疲れが取れない、という熟眠障害症状なども考えられます。
いずれも悪影響が考えられるものですから、対処をしていくことが重要になるでしょう。

過眠症状

不眠症状とは真逆の症状として、過眠症状というものがあります。
これは、それほど長く眠るつもりではないのに、極端に長く眠ってしまう症状のことをいいます。
主に若い人を中心に発生しやすい睡眠障害の一種で、これも継続することによってうつ病に繋がる可能性があるため初期の対処が重要になります。

これらの睡眠障害というのは、睡眠薬等を利用することである程度対処することができますが、すでにうつ病に発展し始めている場合には抑うつ薬などを利用しての治療を行う必要も出てきます。
「不眠」が大したことがない症状だと思って病院にかからないという人も多いかと思いますが、ただの不眠と侮ることなく、うつ病の入り口だと考えて早めの対策を練るようにしましょう。
うつ病も他の病と同じく、早めに対処することが出来るかどうかで進行具合が変わる病気だということは覚えておく必要があります。