うつ病の治療で一般的な治療と言えば「支持的精神療法」です。
うつ病は精神的なものですので、うつ病の事をあまり知らない人はどうしても精神面をなんとか改善しようと試みて、ついつい患者の心の奥にまで入り込もうとしてしまいます。

うつ病とは

それもそのはず、患者の深層心理にこそ原因があるのではないかと考えるからです。
ですが支持的精神療法の場合、患者の内面に踏み込むのではなく、医師に患者自身が抱えている悩みや辛い事を話、共感してもらう事によって感情を発散させたり、「自分だけが辛いのではない」「分かってくれる人もいる」といったように精神的な安定を抱き、やがてはうつ病を改善する事が出来るようになっていくのです。

うつ病の患者はどうしてもネガティブに考えてしまいがちですが、なぜそのような考え方に陥るのかは千差万別です。
各々事情が異なり、仕事が原因のケースもあれば、恋愛等の人間関係が原因のケースもありますし、自分自身の思い通りに行かない事が続いたがためにそのような考え方に陥るケースもあります。
当初は些細な悩みだったものの、それがいつしか重なっていき、気付いたらうつ病になっているというケースもあります。

ですが、そこで医師が患者の悩みをしっかりと聞いてあげるのです。
それにより、患者からすれば気が楽になるのはもちろんですが、罪悪感や自責の念を和らげる事にもなりますので、精神的に楽になる事が出来るのです。
すると、その分やはり気は楽になりますので、気付いたらうつ病を改善する事が出来るようになったり、気が楽になった分、それまではどうしてもネガティブな事しか考える事が出来なかったものが、次第にポジティブな考え方が出来るようになったりですとか、うつ病がどのような症状なのか向き合う事が出来るようにもなっていくのです。

精神的な問題

うつ病の患者は精神的にかなり参っています。
そのため、理屈ではなく感情論で考えなければならないケースもあります。
うつ病患者の悩みを聞くのは、本来は医師の仕事ではないのかもしれません。

ともすればうつ病患者を甘やかす事になってしまうのではないかと考えてしまいがちですが、さすがにうつ病にまで陥るような患者に甘やかすなどとは言っていられません。
うつ病患者に必要なのは、とにかく自分自身に自信を持つ事です。

そのためにはまずは患者の事を肯定してあげる所から始めなければなりませんので、患者の悩みや愚痴に対して「それはこうした方が良い」などとは言わずに、まずは共感する。
それによってうつ病患者は次第に自分自身は悪い事をした訳ではないと気付き、精神的な負担を軽減させてうつ病を克服する事が出来るのです。
頭ごなしに否定するとうつ病をかえって悪化させてしまうだけなのです。