うつ病にはスポーツが良いとされています。
スポーツ等、運動を行う事によって脳内物質の分泌を活発にしてくれますので、ストレスの元となるような脳内物質の働きを抑制してくれる事にもなります。

スポーツとうつ病

さらにはエネルギーの消費にもなりますし、脳を落ち着かせる事にもなります。
更に運動する事によってドーパミンも出てくるのですが、ドーパミンが不足するとうつ病を患いやすくなるとのデータもありますので、運動、スポーツは実はうつ病予防にとても適しているのですが、スポーツであればどのような物でも良いかといえばそれもまた違います。

スポーツにも失敗してしまう事もありますので、一度失敗したくらいで気にする必要がないものや、定期的に出来る事、誰もが出来る事。
このようなスポーツが良いでしょう。
野球やサッカーは体を動かすという点では良いのですが、ともするとミスが取り返しのつかない事になってしまいます。

野球やサッカーだけではなく、競技の場合はミスが許されません。
むしろ緊張状態となるのであまり向いていないですし、出来る場所が現限定されてしまうと頻度が落ちますので、それらの事を考慮すると、うつ病に良いとされるスポーツも見えてくるのではないでしょうか。
お勧めはバッティングセンターやゴルフの打ちっぱなしです。

ミスが責められないスポーツ

ミスした所で誰かに責められるようなものではありませんし、他者と競争するものでもないので自分のペースで楽しむ事が出来ます。
さらには爽快感もあります。

バッティングセンターにせよゴルフの打ちっぱなしにせよ、球を当てて前に飛ばしますので、当たった時の爽快感がストレスをより緩和させてくれるのです。
さらにはこれらの施設は比較的いろいろな場所にありますので、場所が限られているので楽しむ機会が持てないというケースもあまりありません。

それでも環境によっては近場にバッティングセンターもゴルフの打ちっぱなしもないという人もいるかもしれません。
そのような人はジョギングもお勧めです。

ジョギングもまた、他者と競争するものではなく、自分自身との闘いですし、そもそもジョギングには「ミス」という概念がありませんし、何より天気次第ではありますがいつでもどこででも楽しむ事が出来ます。
自分のペースで楽しめるのですし、さらにはダイエット効果も抜群です。

ジョギングを続けていると心肺機能も高くなりますし、ダイエット効果も出てきます。
汗をかいてストレスを解消する事が出来るだけではなく、自分自身の自信にも繋がってきますのでお勧めです。
さらには自分のタイムを上回ろうといったように、ジョギングの中で新しい意欲が出てきますし、お金もかかりませんので、うってつけのスポーツです。