うつ病は誰もが陥る可能性を秘めている症状です。
「自分には無関係」と思っている人も多いかもしれませんが、それは慢心でしかありません。
誰もがうつ病になる可能性があると思っておくべきです。
もちろんそれは自分自身の身近な人にも当てはまりますので、疲れているのではないかと感じたらお話を聞いてあげると良いでしょう。

話の目的

ここで大切なのは、話を聞く目的は「真実を追求する」事ではなく、「相手の気持ちを和らげる」事です。
話を聞いていると、ついつい「それは違う」「もっとこうした方が良いのではないか」「だから駄目なんだよ」と相手に告げてしまう事もあるかもしれません。
本人のためを思っての発言だとは重々承知しているのですが、うつ病の兆候が見えている人には、このような言葉は逆効果になってしまいます。

うつ病になりかかっている場合、自分自身を責めてしまいます。
つまり、そこで「こうした方が良い」といった言動は言い換えれば「だから貴方は駄目なんだよ」とも解釈する事が出来ますので、うつ病で悩んでいる人にとってはより自分を責めるための言葉になってしまいます。
話を聞いて相談に乗って問題を解決してあげようと思っているのであれば、自分自身が「それは違う」と思うような事であっても黙って相槌を打ったり、「おかしいよね」といったように相手に同調してあげる事が求められるのです。

甘やかしているだけなのではないかと思うかもしれませんが、うつ病の兆候を見せつつある相手には甘やかすといった考え方ではなく、まずは精神的な安息を与えてあげるべきなのです。
話を聞いてあげるだけで安心感を得たり、「自分自身がおかしな事をしている訳ではない」「味方がいてくれる」と考える事が出来るようになりますので、精神的な負担を軽減する事が出来ます。
ですので話を根掘り葉掘り聞くのもやめましょう。

まるで尋問しているかのような雰囲気になってしまうと、相手としても「自分が悪い事をしている」気分になってしまうのです。
これでは意味がありません。話をしてくれるのであれば聞く。
このようなスタンスを持っておくべきなのです。

改善しやすいタイプ

話を聞きつつも、どこか元気がない。
以前とは明らかに状態が違うと感じるようであれば病院に行く事を勧めてみると良いでしょう。
早期に取り組んだ方が症状は改善しやすいのです。

病院と言ってもどのような病院が良いのか分からない人もいるかもしれませんが心療内科医、精神科医が良いでしょう。
そこで話を聞いてもらうだけでも価値はあります。
心療内科医や精神科医であればうつ病に対してどのようなアプローチをすべきなのか熟知していますので、うつ病になるかもしれない患者に対して間違いをするような事はありません。